【エンジニア向け】AI inside の開発を知るためのコンテンツまとめ
見出し画像

【エンジニア向け】AI inside の開発を知るためのコンテンツまとめ

AIプラットフォームを提供するAI inside では、今まで以上の成長とビジョン実現を目指し、採用を強化しているのがエンジニアポジションです。このnote ではAI inside の開発について理解を深めて頂くためにコンテンツをまとめました。

AI inside のプロダクトと戦略

当社では主軸のサービスとしてAI-OCR機能を持つ「DX Suite」、エッジコンピュータの「AI inside Cube」、そして誰でも簡単にノーコードでAI開発ができる「Learning Center」の大きく分けて3つのプロダクトを提供しています。また、今後は「Learning Center」で作ったAIアプリや他社のAIサービスを組み合わせワークフローで利用できるAIを使うための「Workflows」も展開を控えています。

各プロダクトがそれぞれAIを「作る・使う・動かす」の役割を担い、今後AIモデルやアプリをシェアするマーケットプレイスを展開することで、より多くの人が簡単にAIを活用でき、その恩恵を享受できる社会を実現するプラットフォームを目指しています。

開発組織

AI inside の開発部門はインフラからハードウェアまで、そしてAIリサーチやアプリケーション開発など、多数のユニットに分かれて日々プロダクト開発に取り組んでいます。目まぐるしく変わる組織の状況に合わせて、組織編成も柔軟に行っています。

細かくユニットで分かれていながらも部門全体としてもコミュニケーションもしっかり取れるよう、四半期に一度開発部門のユニットリーダー全員が集まるPSG(Product & Service Group) Off Site Meeting という場を設けており、ここでは各ユニットの戦略と実績共有の他に、ユニット毎に抱えている課題と解決に向けたディスカッションを行っています。

また、ここ1年リモート勤務の中でも多くの新しいメンバーがジョインしています。様々なバックグラウンド、年齢、国籍のメンバーが集まっている開発部門ですが「AIといえばAI inside と言われる会社にしたい」「世界を変える会社にしたい」など、ビジョン実現に通じる想いや目標を持って入社したメンバーも多く、全員が同じ方向を向きながらミッション・ビジョン実現に向けて日々取り組んでいます。

技術スタック・カルチャー

AI inside の開発スタイルには、最新でモダンな技術を取り入れており、コストや効率性を考えて常に新しい考え方を積極的に取り入れようと各エンジニアが日々模索しています。

また、AI inside では社員自ら社内勉強会を開催することが多く、開発部門の中でも頻繁に勉強会を行っています。直近ではAIリサーチを担当するAI & Research Unit が業務内で起きた課題に基づいて、課題提起やそれぞれの経験共有など、勉強会兼ディスカッションの場をエンジニアに限らず全社員に向けて企画・運営しました。課題に直面した際はチームとして支え合い、そこから得た体験・学びをメンバーに共有し、次に繋げています。

働くメンバー

プロダクト開発の裏側や具体的にどのようなマインド・体制体制で日々開発を行っているのか、AI inside で働くエンジニアにインタビューしました。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございました。よりAI inside の開発にご興味お持ちいただけた方は是非面談にて人事や開発メンバーとお話しましょう。皆様と近いうちにお話できることを楽しみにしております。

ありがとうございます!嬉しいです!
AI inside 株式会社の公式noteです。AI inside で働く人々や社内の様子をお届けします。「世の中の人・物にAIを届け、豊かな未来社会に貢献する」をミッションに、誰もが特別な意識をすることなくAIを使い、その恩恵を受けられる社会の実現を目指しています。